保険

生命保険

生命保険とは、文字通り命に掛ける保険のことです。人が死亡した場合などや一定の年齢まで生きることを条件として支払われるのです。

生命保険について

生命保険は最も聞き覚えのある保険かもしれません。

何のため?この生命保険の目的は、加入した人が死んだ場合、保険金を受け取ることです。その人が死んでしまい、そのために家族のためにのお金を残しておくことがその目的なのです。実際、生命保険に入っている人は、80%近い率で生命保険に入っているようです。しかし、本当に必要な保険でしょうか?

今、あなたが保険に入るとして、その目的は何なのかしっかり判断しましょう。保険に入るのは何のため?誰のため?それを明確にすることで、何年後に死んだ場合、どれだけのお金が必要になるから、どんな保険が良い、という事が見えて来るはずです。もう一度しっかり、考えて見ませんか?

保険に入る目的が明確になれば、その保険に入るために必要な資金が分かると思います。どれだけのお金が必要で、そのための資金を確認しましょう。足りない場合も多い場合もあるでしょうが、足りない場合は再度検討しなければなりません。また、例え決まったとしても、事故や病気、怪我などによって、必要な金額と言うのは常に変わってきます。定期的に見直ししましょう。

最適な保険が分かったら、その保険に入った場合の家計を考えてみましょう。その保険に入ったばかりに家計が苦しくなってしまったら意味がありません。保険料にしても収支のバランスが必要になって来るのです。保険料を払うために、生活が苦しくなるような場合は、今の生活に無駄はないかを考えてみたり、その保険に無駄な保障、なくても不便にならない保障は無いかを考えてみましょう。もし、それでも家計が苦しいと言う場合は、最初からやり直しです。

保険の見直しについて

険を見直すタイミングは、その人のライフプランに合わせるべきです。まず、親の元を離れて社会人になったとき、結婚、子どもの誕生、住宅の購入、子どもの独立(社会人)、老後など大きく分けただけでも、これだけの節目があります。実際には、この節目の少し前からの見直しが必要だと思います。

その節目を乗り越えた矢先に、何か起こることも結構多いようですが、そのときは気をつけるようにしましょう。

保険を見直す場合は、上記のタイミングとそれぞれの節目で何を残すべきかを考えましょう。最低限必要な物を残し、それで余裕があるようでしたら、あると便利なものを取り入れれば、不要なものが見えてくるはずです。不要なものを残したままだと、保険料は高いままなので、何は必要かをじっくり考えて、必要な物を残しましょう。

あなたが、年を負うごとに若返るような体質でないなら、基本的に年を負うごとに、保険料は高くなっていきます。理由は単純で歳をとるからです。そのため、新しい保険にすると、その分、今の保険料より割高になることがほとんどです。しかし、新しい保険ほど、今の医療事情などにあった保険となっていますので、今のままか、新しくするかは考えどころです。

変える際には、途中解約すると不利になるものをできるだけ避けたほうがいいでしょう。どうしてもそれを解約するのなら、不利を補って余るほどの特がなければ変える必要はないでしょう。

recommend

ベルウェールの紹介
http://www.xxpgy.net/