保険

自動車保険

自動車保険では、特に対人賠償保険や対物賠償保険が有名です。自動車保険を考えるときは、この人賠償保険や対物賠償保険の加入をまずは考えるでしょう。そのわけは、その2つが一番、高額な賠償責任となるからです。

自動車保険について

自動車保険自動車保険には強制保険と呼ばれる保険があります。強制保険は、トップページでも出てきました自動車損害賠償責任保険(通称、自賠責保険)です。これは法律により、加入が義務付けられているので、入ってないと、1年間以上の懲役か、または50万円以下の罰金と違反点数6点で免許停止処分になります。

一方で、任意保険は入ることを義務付けられてはいないのですが、自賠責保険でカバーしきれない場合の保障分を、カバーするためのものですから、できるだけ入ることをオススメします。万一の事故で負うことになった高額な賠償金は、場合によっては一生かかっても、払い終えないこともざらです。任意保険では、自賠責保険で足りない分の補填、自分のケガに関する保障、車に関する保障など、いろいろな保障がセットになっています。

自賠責保険では、対人保障が死亡した場合で最高3,000万円まで、ケガで120万円までとなり、同乗者の場合でもそれは同様ですが、対物保障、自分へのケガや死亡、自動車の保障は一切ありません。つまり、自分以外の必要最低限と言えます。それに対して、任意加入保険は、自賠責保険で保障する所はもちろん、対物保障、自分のケガ、死亡、車の保障までできる保険があるそうです。

万一、死亡事故を起こした場合、損害賠償としての賠償額が1億円を超えることは珍しいことではありません。その場合、自賠責保険の最高額3,000万円では、7,000万円ほど足りないので、それは自分で保障する、つまりあなたが働いて返す必要が出てくるのです。

pickup